経済情報速報

経済に関する様々なニュースや色々まとめた意見などをお届け致します。
今後の投資(株式、FX等)から間接的な経済情報(節税、家計等)まで
参考になる経済情報の総合サイトとして、皆様に役立つ情報をご提供できる
ように努めて参りますので宜しくお願い致します。

    国際情勢



    (出典 www.cnn.co.jp)


    実に驚きというのが第一印象ですが、本当に「核兵器廃絶・拉致問題解決」が実現ししてほしいと願うばかりです。

    【歴史的な米朝会談が実現!!両国が「核兵器廃絶・拉致問題解決」に向けて今後も協議の予定】の続きを読む



    (出典 jp.sputniknews.com)


    これで本当に日本にとっても良い経済政策になってほしいと思います。

    【【経済】トランプ大統領と安倍総理で貿易協議をして両者同意になったか】の続きを読む


    トランプ関税、中国は貿易戦争恐れず 経済改革で余裕も - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
    公式データによると、輸出が中国の国内総生産(GDP)に占める割合は昨年19%と、2007年の35%から低下している。 しかしながら、中国製品に対する世界の需要が中国の成長を押し上げており、鉱工業セクターの過剰生産能力などの問題がもたらす影響を相殺している。貿易戦争が勃発すれば、習主席は急増する債 ...
    (出典:ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)



    (出典 medinew.jp)


    今日のアジア経済のまとめ記事では「中国の債務問題が今後のアジア経済の新たなリスク」に関するまとめ記事を皆様にお届け致します!!

    3 (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 23:29:50.72 ID:mgzqHp8j.net

    ずーっと崩壊崩壊言われてるけどな
    前は北京五輪の直後とか言ってたろ


    【【アジア経済】中国の債務問題が今後のアジア経済の新たなリスクとなる!?】の続きを読む


    トランプ政権、中国からのハイテク・通信機器600億ドル相当への関税検討 - Newsweekjapan
    現時点での対象は主に情報技術(IT)や通信機器、家電だが、最終的に対象が一段と拡大され、100点に上る可能性があるという。 ホワイトハウス高官はロイターに対し「内部会合に関しコメントしない」としつつも、「関税の対象となる品目や導入の時期などを巡り最終決定には至っていない」と語った。 トランプ政権は、米 ...
    (出典:Newsweekjapan)



    (出典 middlecrest.net)


    アメリカは中国に対し「対中の関税」をすることを正式に決定したようです。これにより、中国との関係が悪化されるのではないかとの懸念もあります。果たして、トランプ大統領はこの点については今後どうしていくのか、世界経済に多大な影響を及ぼす可能性もありますので注目です。

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/03/20(火) 19:57:53.20 ID:s4WVxwxd0.net BE:633888355-PLT(15000)


    トランプ大統領、600億ドル規模の対中関税を23日までに発表へ

     トランプ米大統領は対中貿易赤字解消のため、600億ドル(約6兆4000億円)規模の新たな関税を23日までに発表する。関係筋2人がロイターに明らかにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00010002-reutv-n_ame


    【【アメリカ経済】600億ドル程の対中国の関税を決定する】の続きを読む


    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない - Newsweekjapan
    北朝鮮は核兵器保有国の一歩手前まで来ており、トランプ米政権は何をやっても勝ち目はない。北東アジアの盟主はアメリカから中国へ、われわれは覇権の移行期を目の当たりにしている>. 北朝鮮が9月3日に実施した6回目の核実験は、米本土に届くICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載可能な核弾頭が完成間 ...
    (出典:Newsweekjapan)



    (出典 img.cf.47news.jp)


    今日から「アジア経済」についてのまとめ記事を皆様にお届けしてまいります。最初はIMF韓国人幹部が「アジア経済、北の核以外にリスクなし」との見方があるようです。この北朝鮮の問題について早く解決してほしいと願うばかりです。

    1 ねこ名無し ★ :2017/10/25(水) 08:47:02.07 ID:CAP_USER.net

    国際通貨基金(IMF)のイ・チャンヨンアジア太平洋担当局長は23日、アジア経済にとって最大のリスク要因として北朝鮮の核問題を挙げた。

    イ局長は同日、ワシントンで特派員懇談会を開き、「1年半前には中国の経済危機がいつ起きるかという質問が多かったが、最近アジアには北朝鮮の核問題以外には(リスクとして)言及される事柄がほとんどない」と述べた。

    米国、欧州、日本など先進国の景気が回復し、アジア各国の企業業績が良好で、投資も増えるプラスの循環局面に入ったとの説明だ。

    イ局長は「日本は人口が減少する中でも今年は潜在成長率を超える1.5%の成長が見込まれる。安倍晋三首相(の連立与党が)衆院選で3分の2以上の議席を獲得したことも基本的に景気が良いためだ」と指摘した。

    中国についても、「短期的には成長が非常に堅実とみられ、習近平主席がさらに権力を得る可能性がある」と述べた。最近、中国と日本の指導者が権力を固める背景には経済面での実績があるとの見方だ。

    イ局長は韓国の今年の経済成長率を3%台と予想しながら、これは北朝鮮の要素を全く考慮していないものだと付け加えた。

    ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/25/2017102500619.html


    【【新記事】アジア経済の最大のリスクは北朝鮮の核以外にない!?】の続きを読む


    経済 アメリカとヨーロッパで貿易戦争? - 毎日新聞
    しかし、アメリカに 輸出 ( ゆしゅつ ) していた 他 ( た ) の 国 ( くに ) や 会社 ( かいしゃ ) は 困 ( こま ) ります。ヨーロッパ 連合 ( れんごう ) (EU)は、アメリカが 輸出 ( ゆしゅつ ) する 製品 ( せいひん ) に 高 ( たか ) い 関税 ( かんぜい ) をかけて 対抗 ( たいこう ) する 準備 ( じゅ ...
    (出典:毎日新聞)



    (出典 www.his-j.com)


    今日からヨーロッパ経済に関するまとめ記事をお届けしてまいります!!まず初めは、ヨーロッパ経済の基礎となった中世から近世までのヨーロッパ経済史に関する記事をまとめました。最初のヨーロッパ経済の仕組みなどから理解を深めて頂ければと思います!!

    1 世界@名無史さん :2011/11/04(金) 21:45:07.43 0.net

    中世から近世にかけてのヨーロッパ経済について語るスレです
    三圃式農業、商業ルネサンス、ギルド、定期市、北欧商業圏、地中海商業圏、
    価格革命など、経済に関する話ならなんでもOKということで


    【【新記事】ヨーロッパ経済の基礎 中世から近世ヨーロッパ経済史】の続きを読む

    このページのトップヘ